レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

ハイハット用のマイクは?

今回のお題はハイハット(HAT H.H)

ハイハットの録音に使われるマイクを紹介していきます。

まずハイハットへのマイキングですがどちらかというと
"補助"という意味合いが強いように思います。

前回まで書いたキックやスネアのように必ずメインで使うという事がない場面が多々あります。
スネアマイクへのかぶりやオーバーヘッドマイクへ十分にハイハットが入るのでこれで足りる・・
というよりもむしろ大きいという事があるくらいです。

特にアマチュアバンドのドラムの場合はプロの方と比べるとハイハットの音が大きい事が多いので
マイクの本数や録音チャンネルに余裕がなければ省略してもよいかもしれません。

 

さて、代表的なマイクはこの2機種です。

AKG C451

 

 

そして SHURE SM57



ほとんどがこの2本で録音されているといっても過言ではありません。
理由は幾つかあるのですが、先に記述したように あまり重要なマイクではないからそんなに凝らない という事がひとつ。
もうひとつはコンデンサーマイクダイナミックマイクかの2択で選ぶ場合に
取り回しの良いペンシ型が使いやすいから
という事です。

スタジオに置いてあるペンシル型マイクはそんなに多くないので自然と451を選ぶことが多いというくらいです。

この2本は音色で使い分けます。

コンデンサーはキメが細かく粒が出るのでバラードや繊細なサウンドが欲しい時。
ダイナミックはロックなど荒々しくスピード感や音の迫力が欲しい時。

といった感じです。
音を聞けばわかりますが ピッチがちがって聞こえるくらい高音の雰囲気が変わります。
451ではロックっぽさは出ないし57では繊細さが出ない
これをふまえてマイクのチョイスを行ないましょう。

 

451が無い場合は他のコンデンサーマイクでも代用できます。

ペンシル型の方がマイキングはしやすいですがなければサイドアドレス型でも良いでしょう。

 



関連記事

バスドラム用のマイクは?

スネアの録音に使うマイクは?

タム用のマイクは?

 

Drums_topjpg

広告を非表示にする