レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

NEUMANN U87Aiのサスペンションゴムを交換しました

f:id:Reonald69:20160725111649j:plain

ノイマンのU87Aiのサスペンションのゴムがヘタってきたので

交換することにしました。

 

なんとこのサスペンションは単体で3万円以上もして

交換のゴムだけで純正品は1セット3000円と アホみたいに高いのです。

 

よくあるのがヘアゴムを使って代わりにするというものなのですが

いかんせんテンションも弱く、すぐに伸びてしまうのと 見た目が黒とかになるので一発で「純正じゃないな・・」とバレてしまいます。

 

今回はなるべく純正みたいな見た目になるようなものを自作しました。

 

用意するのは

ゴム(東急ハンズのメーター売り、直径3mm、色は銀色)1M-205円(2m)

ロープ先端金具 4~5mm用 4個入り 108円

f:id:Reonald69:20160725111405j:plain

合計金額 518円

これで2セット作れます。

 

まずは ゴムを切ります。

あらかじめ測った長さは50cm、ゴムを伸ばした状態で金具取り付けの分を考慮して52cmで切ります。

f:id:Reonald69:20160725111601j:plain


ゴムはハサミだと結構切りにくく汚くなるのでニッパーがおすすめです。
金具でなくても結ぶ方法もあるのですがちょっと長さピッタリにするのが難しいので金具留をお勧めします。

輪にして金具に通します。

f:id:Reonald69:20160725111758j:plain


あとはペンチ等でしっかり金具を締めて完成です。

f:id:Reonald69:20160725111839j:plain

毛羽立った部分は切ってあげるとよりきれいでしょう。

 

これを2セット作ります。

所要時間は5分位です。

f:id:Reonald69:20160725111951j:plain

 

あとはサスペンションに付けるだけ。

だいぶ純正に近い感じになりました。

f:id:Reonald69:20160725112033j:plain

 

伸ばした状態のゴム 50cmでぶれたりしない固めのピッタリのテンションです。

 

他のマイクホルダー、ショックマウントサスペンションも同じ要領で交換可能です。

 

NEUMANN U87Aiのサスペンションゴム交換でした。

 

 NEUMANN (ノイマン) U87Ai
ラージダイアフラム/コンデンサーマイク NEUMANN (ノイマン) U87Ai ラージダイアフラム/コンデンサーマイク

広告を非表示にする