読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

気になる商品:部屋の反響を抑えてクリアーな音質に録音できる Eyeball

マイクを立てて録音をする時に必ず付きまとう問題
それが部屋の反響・残響だ。

ルームアコースティックと言ってギターやピアノなどの生楽器では程よい反響はむしろ良い音になってくれる時もあるのだけれど
近代的な音、つまり響きの無いデッドサウンドを得ようとすると反射音は非常にやっかいな存在です。
特にボーカル。

EQやゲートを駆使しても完全な除去は出来ないし
音自体がぼやけたり遠くなったり薄く聞こえるから困ります。

で、最近はリフレクションフィルターなるものが各社から発売されていて
こいつの売り文句は「反響音の軽減」
しかし実際使ってみるといまいち効果が感じられなかったり 逆にマイクの音に変な位相狂いがおきて低音が無くなったり、音抜けが悪くなったりなんていう事もしばしば。

「やっぱりちゃんとした防音と吸音されたブースで録音するしかないか・・」
と最終的にもとの思考に戻るのです。

しかし ボーカルブースといっても様々で
小規模のスタジオやプロダクションスタジオにはヤマハのアビテックスの3畳タイプとかが導入されているのですが
アビテックスは楽器練習用ブースなので実は結構反射があります。
一生懸命スポンジとかを張ってもなかなか上手くいかない事も多いでしょう。
特に声量のある歌手の場合は響きも大きく入ってしまう傾向にあります。

さて 長くなりましたが最近この反響音対策に良さそうな商品が発売されました。

KAOTICA Eyeball

これはポップガードの役割もあり、さらに反響音の混入を抑えるだけでなく 音の集音率の向上も見込めるそうで
文章だけを見ると何やらものすごい良さそうです。

しかもリフレクションフィルターの最大の欠点だった
大きさ、重さが解消されているので 個人持ちでスタジオに持参するというような使い方も出来そうです。
またリフレクションフィルターでは譜面台を前に置くことが出来ずに歌詞や原稿などを見るのが困難ですがこの問題もクリアーしそうです。

かなり気になる商品です。
サイドアドレス型コンデンサーマイクにのみ対応しているようですが
楽器にも使ってみたいですね。
ギターとかタンバリンとかによさそうですね。