レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

ついに・・あのAuto-Tune搭載プリアンプがお手ごろ価格で登場

ボーカルのピッチ修正といえばAntaresのAuto-Tune

なんと そのピッチ修正機能を搭載したマイクプリアンプがARTより発売されます。

http://www.electroharmonix.co.jp/art/img/autotunepre.jpg

ART Auto-Tune Pre
Antares Auto-Tune搭載真空管プリアンプ

今までもラックタイプのTASCAM-TA-1VPなどが存在しましたがこのような小型・低価格マイクプリに搭載されるのは初めてかもしれません。

どんな使用方を想定しているかといえば ずばり ライブ でしょう。

今まではがんばってCD音源の歌のピッチは修正できても ライブの歌は簡単ではありませんでした。
まれにProToolsHDを持ち込んでリアルタイムでピッチ修正をしている方もいらっしゃるようですが
これがあればインディーズでもアマチュアでもライブでピッチ修正した状態で歌が歌える!
という事です。

マイクプリなのでSM58などのダイナミックマイクでも使え、ソフトの最大のネックである音の遅延もなく使用できます。
また操作も非常に簡潔です。
使うキーのボタンを押すだけ。

他には最近の"歌ってみた"などの録音にも使われる事でしょう。
今まではMIX師なるミックスダウンをする人がせっせとピッチ修正をしていたのですが
その手間を省く、又は軽減する事が出来る時代になる という事です。

きっとこれがヒットすると他のメーカーも同じようなの出してくるんでしょうね。

さあ
ライブで音程が甘くて恥ずかしいと思っているみなさん
これ どうですか?

わたし的にはなんともコメントしにくいです。



広告を非表示にする