読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

好きな事を仕事にするという事

音楽関係の仕事をしている事に対して
「好きな事が仕事にできて良いですね、楽しそう」
と言われることがよくあります。

たしかに音楽を好きな人間が大好きな音楽制作を職業としているという事は非常に恵まれた事であると思います。
同じような希望を持ちながらも業界に入ることも出来ずに諦めている人たちも沢山いるのも事実です。

しかし実際好きな事を仕事にしてみると楽しいだけでは無いという事も段々とわかってきます。レコーディングエンジニアをやっている人に音楽が嫌いな人はいないと思います。
音楽といっても多種多様ですし、特に趣味嗜好は人様々です。
実際好きな音楽だけに携われる人もほとんどいないでしょう。

特に辛くなるのが好きなジャンルの音楽の仕事が苦痛になる事です。
例えばロックの仕事でも一発録音にこだわるバンドもいれば演奏能力の低さゆえに部分録音の繰り返し、それの切り貼り編集、さらに録音後の鬼のような修正作業などがある仕事もあります。
好きな事を仕事にする=好きな事で嫌なこともやらなくてはいけないという事でもあるのです。
"音楽業界にいるだけで満足・楽しい"という人はまだ本当の仕事をしていない人だと思います。

私の知人も言葉には出しませんが"色"のつく仕事をする事に抵抗感を持っている人もいます。
しかし自分が選んだ仕事なのです。家族を養うため、生活するためにはそういった仕事も請けなくてはいけないのが現実です。
しかも昨今の景気です。ギャラだってどんどん安く叩かれています。

これは幸せでしょうか?好きだった音楽の仕事に苦痛を覚えるようになる。
睡眠時間が少ないとかいう理由ではなく、音楽を創る工程での苦痛。
これは音楽をも嫌いになってしまうかも知れないくらいの苦痛なのです。

そういった事もあって新人や若い人たちの離職率が高い職業であると思うのです。
単に音楽の仕事がしたい、有名人と会いたい、アイドルの仕事をしたい、声優と仕事をしたい、という理由ではなかなか続かない世界でしょう。
まあ 他の仕事もスポーツ選手も全部そうだと思いますが、酸いも甘いも知ったうえで続けるか続けないか、どういう方向へ人生をシフトするか?という選択をするべきだと思います。
苦しさ辛さの先にしか本当の幸せや楽しさは無いと思います。

音楽業界に入りたい皆さん。
音楽は趣味でやるのが一番楽しい。その上で苦しいプロを目指す覚悟があるならば是非門を叩いて下さい。

広告を非表示にする