レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

昔のCDが出てきた

部屋の整理で昔買ったCDが出てきました。
「UP-BEAT」
6枚ほど高校生の時に買ったものです。

懐かしくなり聞いてみたのですが、インレタに原発問題の記述があったりやけにタイムリーな曲もありました。

当時の事を思い出しました。
今で言うビジュアル系というバンドではありませんが、同じ系列でBOOWYの後、LUNASEAの前でしょうか。
ホッピー神山さんがプロデュース、井上剛さんがエンジニアを主にしていたのですね。

私はBOOWYとかには興味がなかったのですがなんとなくUP-BEATの曲と歌詞が好きになりました。
ちょっと悲しい歌、切ない歌が多い気がします。

タイムマシンはありませんがこうして忘れていたCDが20年の時を越えてまた再生できるというのは何とも言いがたいですね。

あと気が付いたのですが昔のCDってケースが重いんですよ。
今のが軽いという方が正しいかもしれません。
コストダウンという経済活動も実感しました。

昔聞いていたiTunesに入っていないCDがあれば、掘り起こしてみると意外と発見があるかもしれません。

当時付き合っていた彼女の事も鮮明に思い出して悲しくなるかもしれませんのでご注意下さい。

広告を非表示にする