レコーディングエンジニアの仕事ブログ

レコーディングの事、音楽の事、DAW.DTMの事など適当に書きます

太陽誘電(Tha's')がディスクメディアから撤退して1年以上

2015年いっぱいで太陽誘電(That's)がCD-R、DVD-Rなどのディスクメディアの製造から撤退して約1年半が経ちました。 当時は太陽誘電が買えなくなる と少し騒ぎになったのを覚えていますが音楽制作の現場では写真の CDR for Master がなくなって一番困惑したか…

AI時代の音楽制作について考えてみる

2017年新年早々に保険会社がAI(人工知能)を導入する事による人材削減のニュースが目に入った。 AIが人間の仕事を奪う という話を聞くようになってしばらく経つけが、実際はかなり先の話だろ?と どこかで思っていたが、実は一般の人が予想しているよりもか…

NEUMANN U87Aiのサスペンションゴムを交換しました

ノイマンのU87Aiのサスペンションのゴムがヘタってきたので 交換することにしました。 なんとこのサスペンションは単体で3万円以上もして 交換のゴムだけで純正品は1セット3000円と アホみたいに高いのです。 よくあるのがヘアゴムを使って代わりにするとい…

オンラインで依頼できるマスタリングサービスを比較してみた

Google検索で 「マスタリング」と検索すると約 440,000 件の検索結果と業者が出しているリスティング広告が出ます。 様々な理由でマスタリングという工程を自分でできない場合、またはきちんとしたプロにお願いしたい場合はこういったインターネット経由で頼…

音楽係の専門学校に通っていた時のこと(昔の話)

あるテレビ番組でイギリス国立音楽院の作曲科の学生がこんな事を言っていた 「音楽大学に入れば皆音楽に熱中していると思っていたけど、実際は株取引に夢中になっていた」 これを聞いて ふと自分の学生時代の事を思い出したので書こうと思います。 専門学校…

YAMAHA HPH-MT220 レビュー

遅ればせながらYAMAHAのモニターヘッドフォンHPH-MT220をレビューしたいと思います。 これを買ってすぐに新しくHPH-MT17が発売されてしまい、なんだか損をした気分なのですが・・・さて HPH-MT220ですが元々ヤマハのモニタースピーカーを使っていることもあ…

Sound&Rcording Magazine 2016/2月号 32bit浮動小数点記事について

サウンドアンドレコーディングマガジン(以下サンレコ)の2016年2月号 企画の問題について 平沢進氏の表紙のサンレコ2016年2月号の特集記事 「理論と実践で学ぶ32ビット浮動小数点」を目にした方も多いことでしょう。 「32bit浮動小数点って何? 「24bitとど…

2015年 音楽売上ランキングが出ました

さて 恒例の今年一年のランキングが発表されました。 実はもう書く気が全然起きないのですが一応年末の恒例という感じで掲載します。まずは・・ 年間シングルランキング 1位~15位1位 僕たちは戦わない/AKB48 推定累積売上数:1,782,707 2位 ハロウィン・ナ…

大先輩が亡くなって感じたこと

2015年12月8日 ミキサーの大先輩である黒田勝也氏が亡くなりました。黒田さんにはレコーディングエンジニアという呼び方よりもミキサーのほうがしっくりくるでしょう。あえて敬意を込めてミキサーと呼ばせていただきます。この夏まで現役で仕事をされていた…

定額制音楽配信サービスについて思うこと

定額制音楽配信 いわゆる音楽ストリーミングサービスというのが今年日本で本格的に始まった。AWA、LINE MUSIC、Apple Musicが代表的なところ。 今後Spotifyへ電通が出資したという事で日本上陸も間近という事だろう。AWAがサービス開始した時に登録して使用…

あなたは何故"それ"をしたいのか?~目的と手段について~

さて、近年感じているモヤモヤの原因について書こうと思います。 そのモヤモヤとは「目的と手段がわかってない人が多すぎる」という事です。例えば私のところには「将来レコーディングエンジニアになりたい」と相談にくる方が毎年それなりの人数います。 レ…

レニー・クラヴィッツという重要な存在を考えてみる

2015年に予定されていたレニー・クラヴィッツの来日公演が中止と言う事で 少しレニー・クラヴィッツについて書いてみたいと思います。レニー・クラヴィッツについてのプロフィールなどはウィキペディアを見てください。 ここでは彼が音楽業界に与えた影響の…

感性の磨き方について

感性を磨くそんな言葉を聞きます。 実際音楽制作の現場では「センスがいい」というような言い方もする 感性。これを磨きたい、または育てたいという人も多いのではないでしょうか?先に私の結論を書いてしまうと 感性には個人差があり、おおよそ10歳~15歳程…

”2014年の流行”について感じたこと

2014年クリスマスイブ。 今年もあと一週間で終了する。今年の流行とタイトルに書いたのですが 今年だけでなく近年の流行について感じていることを書こうと思います。 まずお約束の2014年CDシングルランキングから 1位 ラブラドール・レトリバー AKB48 2位 前…

音程の捉え方について考察

よく「ピッチ感を鍛えるにはどうすればいいですか?」という類の質問をされるので 私なりにピッチ(音程)について考えていることを書こうと思います。 普段私達はどのように音程を捉えているのでしょうか? 絶対音感を持たない人の音程とは相対音感という事…

音楽の最大の欠陥とは何か?

もう私が書かなくてもよいくらい音楽産業の衰退は著しく 今後画期的な回復は見込めそうもないところにまで来ている。ちょっと制作者からの角度を変えて 一般的な商業製品としての音楽の欠陥について考えを述べたいと思います。 ・音楽商品の特徴 衣食住とい…

英語が話せない日本人とJ-POPの関係について考えてみた

先日あるテレビ番組で「なぜ日本人は英語が話せないのか?」をテーマに様々な角度から検証を行っていた。 性格、教育、経済など日本人が英語を話せないのは色々な理由が考えられるが その中の一つに 「日本語のみで高度な教育が可能だから」 という事がクロ…

ハイレゾのイベントに潜入してきました

先日都内で行われたハイレゾの普及イベントに潜入してきました。ハイレゾとはハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio)の略で CDよりも高スペックな96kHz-24bitのPCMやDSD音源の事をさします。ハイレゾの事はここでは省きますが イベントの…

kensington K64325 トラックボールの不調を直す

レコーディングスタジオ導入率100%かと思われる トラックボールマウスkensington K64325ですが 自宅の同じモデルが、最近スクロール不調になってしまいました。 症状としては、左回り(上スクロール)は好調 右回り(下スクロール)が引っかかるような感じ…

個人的なオーディオ履歴を書いてみます

レコーディングエンジニアというものは少なからずオーディオが好きだ。 結構な確立で幼少期からそういった機械物に興味が出るのが普通だと思います。例に漏れずに私も機械や音響的なものは比較的好きな子供でした。 現在にいたるまでのオーディオ履歴をまと…

音楽の歴史がグラフィカルに見れる「Music Timeline」

Music Timelineというサービスを紹介します。http://research.google.com/bigpicture/music/ 1950年代から現在まで どのジャンルがどのくらいシェアを伸ばしたのか?という事が一目瞭然で見れる。 さらに各ジャンルのヒットCDなどを表示してくれるのでいつ頃…

気になる商品:部屋の反響を抑えてクリアーな音質に録音できる Eyeball

マイクを立てて録音をする時に必ず付きまとう問題 それが部屋の反響・残響だ。ルームアコースティックと言ってギターやピアノなどの生楽器では程よい反響はむしろ良い音になってくれる時もあるのだけれど 近代的な音、つまり響きの無いデッドサウンドを得よ…

偉大なる音楽プロデューサー 佐久間正英さんの事

2014年1月16日 音楽プロデューサーの佐久間正英さんが亡くなった。その事はTwitterで知った。佐久間さんが癌で闘病中であった事は知っていたし 最近の活動のことも少し気にしてチェックするようにはしていた。佐久間さんがどんなにすごい仕事をしてきたかな…

お知らせ:広告表示について

ご利用者様より当ブログに各社広告表示が多い とのご連絡をいただいております。当ブログに掲載しております広告から得られる広告収入は全額以下の団体へ ペットフードなど物資として寄付しております。 ご利用者の皆様にはご理解頂けますようお願い申し上げ…

ついに・・あのAuto-Tune搭載プリアンプがお手ごろ価格で登場

ボーカルのピッチ修正といえばAntaresのAuto-Tuneなんと そのピッチ修正機能を搭載したマイクプリアンプがARTより発売されます。ART Auto-Tune Pre Antares Auto-Tune搭載真空管プリアンプ今までもラックタイプのTASCAM-TA-1VPなどが存在しましたがこのよう…

音楽制作便利グッズ紹介

普段は気にしていないけど 無いと不便だと思う便利グッズを紹介します。今回は特にマスタリング後など CDやDVDを書き込む時の便利グッズです。 ・CDディスペンサー バルクで買ったCDやDVDをまとめて上に載せて 必要な時はワンプッシュで取り出せるというも…

ドラム・ルーム用マイクは?

今回はドラムのルームマイクを紹介します。 ルーム 又は アンビエンス(略してアンビ)、オフマイク、エアーマイクなど様々な呼ばれ方をします。 一般的に部屋のナチュラルな響きやリアルっぽさ、ワイド感を調整するために録音されます。狭いブースにドラム…

お勧めの本を紹介します

音楽をやっている人に是非読んでいただきたい本をいくつか紹介します。 一見関係ないようなものの中にも身になるヒントが隠れています。まずはこれ 経営戦略なんて必要ない そう思っていませんか? 音楽を職業としていくなかで感覚やセンスだけでやっていけ…

オーバーヘッドの録音に使うマイクは?

今回はドラムのオーバーヘッド(以下O/Hと表記)の使うマイクの紹介です。一般的にシンバルを中心にキット全体を録音するマイクポジションを指しますが 他にもトップ(TOP)とかシンバル(Cymbal)など人によって呼び方は様々です。 まずは 代表選手 ・AKG 414シ…

タム用のマイクは?

今回はタム、正式にはタムタム(TOM TOM) タムには大きいのから小さいのまであって人によってはフロアタムだけ2つあったりフロアタム1個だけだったり またまたメタル系ではタムが全部で6個もならぶなど実に様々なのですが オーソドックスな2タムワンフロア…

ハイハット用のマイクは?

今回のお題はハイハット(HAT H.H) ハイハットの録音に使われるマイクを紹介していきます。 まずハイハットへのマイキングですがどちらかというと"補助"という意味合いが強いように思います。 前回まで書いたキックやスネアのように必ずメインで使うという…

スネアの録音に使うマイクは?

今回のお題はスネアドラム(SN,SNa,SD) さてスネアによく使われるマイクとその特徴を紹介していきます。 まずは 定番中の定番、居酒屋ならまずはビール といった感じの・・ ■SHURE SM57 (シュアー)ゴーナナ の愛称でおなじみダイナミックマイクの定番です。…

青山純さんの事

2013年12月3日 ドラマーの青山純さんがお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りします。 青山純さんのことを少し書こうと思います。私がアシスタントエンジニアを始めた頃は、もう既に青山純さんはトップクラスのスタジオミュージシャンとして活躍され…

バスドラム用のマイクは?

どの楽器にどんなマイクを使えばいいのか?という疑問を持っている人は多いはずです。 少しづつですが楽器別のマイクの違いによる音色の特徴、使い方など書いていこうと思います。 今回のお題はバスドラム(BD,KICK) ドラムサウンドの中核を担う非常に重要…

ミックスダウンレッスン若干の空きがあります

現在日曜日を中心に幡ヶ谷、新高円寺で行っているミックスダウン&マスタリングレッスンに若干の空きがあります。 午後~夜帯にかけてレッスン可能です。 料金など詳しくは mix-lesson.blogspot.jp をご覧ください。

DNAを感じた偶然

最近気が付いたのですが奇妙な偶然というか 感心する事があったので書こうと思います。好きな曲とは別に アレンジやサウンドが好きという曲もあるのですが 全く別の好きな2曲にある共通点を発見したのです。まず、KEITH URBANのGOLDEN ROADから「YOU'LL THI…

ブーム再来 今カセットテープが熱い

スタジオからテープメディアが消えてどのくらい経つでしょうか。 最近でもデッドストックのテープを探したり、一度録音したテープを使いまわしたりして マルチ、マスター共にアナログテープ録音をする人たちも若干残っていますが 全世界的に大手メーカーのテ…

ライブハウスを考えてみる 〜後編〜

前編では私の感じるライブハウスの問題点について書いてみました。後編では じゃあどうすれば良いと思っているのか?を書きなぐりたいと思います。 - ・アイデア その1 "接客を正せ" 出演者への態度や言動はもちろんですが、お客様へいらっしゃいませの一言…

ライブハウスを考えてみる 〜前編〜

もう21世紀も10年以上過ぎたのですがあいも変わらず古典スタイルの殿様経営を行なっているライブハウスは沢山あるので 前半は勝手にライブハウスの問題を、後半は新しいアイデアを書いてみようと思います。現在の小〜中規模ライブハウスの問題点を挙げてみま…

200年の時を超えて う●この話

先日タモリ倶楽部を見ていたときの話です。 高円寺名曲喫茶でのロケ、くるり岸田君が出ていた回です。モーツアルトはうんこの話が大好きで1778年あたりにいとこにうんこの話ばかりを書いた手紙を送っていたという話で、その時期に作曲したのが かの有名な ト…

自分が高校生だった時と今の音楽再生にかかるコストの違い

私は今年で38歳。1975年生まれです。 私が高校生の時は1991年〜1993年くらいです。その当時と今を音楽再生装置を中心に考えてみたいと思います。工業高校に入学した私は家の近所のホームセンターでバイトを始めました。 時給は650円くらいだったと思います。…

これは凄そう!ZOOMから新しいレコーダー発売

けっこうZOOM好きな私ですが今回発表されたハンディレコーダーはすごいです。 ZOOM H6 まずメーカーサイトをご覧下さい。 すごいのは以下のポイント ・標準でXLR/TRS入力を4チャンネル搭載 ・最大6チャンネルの同時入力 ・XY方式マイク+MS方式マイク付属(…

音圧戦争(Loudness War)について思うこと

巷では 音圧戦争は終わった と言われています。 はたしてそうでしょうか?もともと音圧戦争とはラジオなどでオンエアされた際に聞こえ方が派手=セールスに繋がる というような理由で加熱していった手法が長い間続いた事をさします。日本ではメディアは有線…

NEUMANN TLM102 簡単レビュー

ミックスダウンレッスンを受けている生徒さんがボーカル用のマイクを欲しいという事で色々悩んだ末、結局ノイマンTLM102にすることにしました。 先日手元に届いたので簡単なレビューをしたいと思います。まず、箱です。 紙の箱にスポンジの型があるだけの簡…

データバックアップについて

最近保存用ハードディスクがクラッシュしたという話を何件か聞きました。 私にも同じような経験はあります。 音楽製作をやっているとレコーディングデータなどのDAWデータをハードディスクに入れっぱなしにしている人は多いかと思います。 ある日突然アクセ…

ボーカルのピッチ修正について考えを述べてみる

本館のピッチ修正について書いた記事が非常にアクセスが多く、また興味をもたれている方が多い項目なので、ここではピッチ修正について違う角度から意見を書きたいと思います。まず、歌のピッチ修正が是か非か?という事を論じるつもりはありません。 私の記…

CDが売れなくなった理由について違う角度から考えてみる

2012年現在 ネットの記事では14年ぶりにCD生産が前年度を上回った とか書かれていますが、CDが売れない事に変わりはありません。 2012年10月から施行された違法ダウンロード厳罰化も効果としてはほとんど影響が出ないと思われます。さかのぼって 音楽CDの売…

ハンディレコーダーの情報

練習の録音やライブの録音、ちょっとした配信や資料作りなど様々な用途で活躍するハンディレコーダー。 最近はハンディレコーダーも性能が良く低価格なものが増えてきました。 手ごろな値段で買える機種を紹介したいと思います。 購入の際に参考にして下さい…

仕事としての姿勢について

レコーディングエンジニアもミュージシャンも仕事を請けるのでプロと呼ばれているのですが、プロの中にもピンキリで色々な人が居ます。今まで出会った中でも個人的にプロと名乗るのはどうかな?と思う人の特徴は 出来ない事を スタイルとか趣味じゃないとい…

好きな事を仕事にするという事

音楽関係の仕事をしている事に対して 「好きな事が仕事にできて良いですね、楽しそう」 と言われることがよくあります。たしかに音楽を好きな人間が大好きな音楽制作を職業としているという事は非常に恵まれた事であると思います。 同じような希望を持ちなが…